さてさて、らびらびさんからコメントをいただきました。
ANAアメックスのメリット、デメリット問題、広がっております。

キャンペーンはすごいんですが。。。

★ 【ウェブ限定】≪ポイント10倍 還元率12.3%≫ ANA アメックスゴールドカード


逆にANA-AMEXのデメリットがカバーできそうなケースをまとめてみました。

■ キャンペーンでガツガツ使えそうな場合
キャンペーンでポイントを掻き集める方向で割り切れば美味しいかも。


■ ANAグループでのカード決済がやたら多い場合
ANAの航空券・ツアー・機内販売・通販ではAMEX側のポイント還元率が1.5〜2%に跳ね上がる。
更にマイルプラスの場合はマイルも同時付与。
ポイント割増しで端数切りをリカバーできそう。


■ 関西・岡山・広島在住か出張する機会が多い場合

SMART ICOCAへのクイックチャージで端数切り対策ができる。
AMEXはSMART ICOCAもポイント対象。

デポジットが500円分必要だが、モバイルSuicaと違い年会費は一切かからない。
Suica・TOICAエリアでは電子マネーとしても使える。

Suicaでは利用できない「PiTaPaエリア」・「PASPYエリア」も乗車できる。

クイックチャージの限度額月4万、関西・岡山・広島地区のICOCA導入エリアでないとクイックチャージできない、PiTaPa・Suica・TOICA以外は相互利用していないのが難点。


■ 他社発行のANA一般カードも入会しているがそれだけでは限度額が足りない

ANAグループはAMEX、ANAグループ以外は他社発行という使い分けをする。
何が何でもANAマイルにしたい場合でないと旨みは少ないかな。


■ 安くラウンジが入れるカードがほしい場合。

ラウンジ利用を考えるならコストパフォーマンスは高いかな。


■ 以下余談

JALカードの場合も、Suica提携でビューカード側に付くポイント以外は全て決済ごとに付与。

JALだと金額によっては端数を切り上げて計算するケースがあるので、まだ少額でも使いやすいかな。



ありがとうございます。
関西系の電子マネーとの絡みは、まったく知りませんでした。


とりあえず、ANAアメックスカードの1番の魅力は、何を差し置いても入会キャンペーンである、と。

今回は、一般はイマイチだけど、ゴールドカードのキャンペーンはスゴイ。。

3ヶ月間で30万円を使うことができ、かつ公共料金キャンペーンも攻略できれば、ドーンとマイル・ポイントが貯まります。


まあ、あとは使っていくうちに、ANAアメックスにハマる、ハマらないっていうところかなー

あっ、あとカードデザインは、カッコいいっていうのも、ポイント高いです。
一応、メリットの紹介ってことだけで、恐縮ですが、こんなところで。




ANA AMEX ゴールド
【還元率 10%】ANA アメックスゴールドカードの最強キャンペーン


▼ みんなに大人気のANA アメックスカードの申込みはこちらで